【コマセマグロ・カツオ釣り】 相模湾コマセマグロ・カツオ釣りに必要なタックル・仕掛け・道具

2022年1月17日マグロ・カツオ釣り,釣り

相模湾でのコマセマグロ・カツオ釣りに必要なタックルや仕掛けは何がよいか悩むところです。

これから購入など考えている人に参考になるように、実際にいろいろ試して見て、今一番安定して使用しているタックルを紹介していきます。

関東圏でマグロ・カツオが釣れるとあって、シーズンには多くの釣り人が訪れる相模湾。関東近郊で、釣り場も各漁港から近いため人気のコマセマグロ・カツオ釣りは、毎年8月1日に解禁され、8月初旬から10月後半くらいまでがシーズンです。

シーズンになると回遊するキハダマグロやカツオを追いかけて、大きな船団ができるほどです。

キハダマグロ釣りの魅力は、何といっても強い引きを味わえることです。コマセを撒いて、キハダが餌に食いつくのを待つドキドキ感は何とも言えません。。

ときには50kgオーバーのキハダマグロもあがるので、大物狙いの釣り人にはたまらない魅力です。

カツオ釣りは、一瞬の格闘をものにすることができるかどうか瞬発力勝負で、タナも浅いので初心者でもチャレンジできる釣りです。

どちらも、コマセ釣りで狙うことができるため、一般的なアジなどのコマセ釣りをやったことがあれば、そのすべてが大きくなったものと考えてもらえれば想像がつくと思います。

それでは、相模湾のコマセマグロ・カツオ釣りに必要な、タックル、仕掛け、その他の道具について見ていきましょう。

目次

  1. コマセマグロ・カツオのロッド
  2. コマセマグロ・カツオのリール
  3. コマセマグロ・カツオの仕掛け
  4. その他の道具
  5. まとめ

1.コマセマグロ・カツオロッド

ロッドは1.7m~2.0mの専用ロッドや大物用ワンピースロッド。

相模湾のコマセ釣りに対応したロッドが各メーカーから販売されています。

対象魚にキハダマグロが含まれているロッドであれば、カツオも併用できます。

カツオとのやり取りを考えると、短いロッドがおすすめ。

それと、全ての道具を揃えるとそれなりに高額になるので、まずはお手頃な価格のロッドがお勧めです。

使用しているロッドは、スタンディンググローリア175。コマセキハダに対応しています。

全長1.75m、おもり負荷80〜300号、強度重視の完全グラスソリッドワンピースロッドです。

80号のコマセカゴでも柔軟に竿先は振れます。このバランスで3万円前後は、安いと思います。

2.コマセマグロ・カツオリール

パワーのある電動リールか大型手巻きリール。

【マグロのタナは、40m。カツオのタナは、20m。】が多いので、手巻きを使っています。

移動も出来るし、電気の心配もいりません。

ただし、マグロ狙い専門であれば、電動リールが圧倒的に人気があります。

PEラインは、8号~10号を400m以上は巻いておきましょう。マグロは、ファーストランで簡単に100m〜200mは走ります。

筆者が使っているのは、「DAIWA シーラインLD 60II SP」

PEライン8号600m、10号500m巻くことができます。巻き取り長さHI118cm、LOW 52cm。

キハダにも十分対応できます。カツオならゴリ巻きでも、ブレない安定感があります。

「DAIWA シーラインLD60Ⅱ SP」についての詳細は記事は、【キハダ・カツオ釣りの手巻きリール】DAIWAシーラインLD60ⅡSPがおすすめをご覧ください。

DAIWAのリールのメンテナンスについては、DAIWAのリールのメンテナンス方法!メンテナンスは「SLP PLUS」の会員サービスがおすすめをご覧ください。

3.コマセマグロ・カツオ仕掛け

マグロハリスは、20号~30号の全長3m~6m。マグロの大きさや状況によって、ハリスを選びます。マグロの反応が悪い時に、ハリスを長めにして釣る方もいますが、取り込み時にバレることが多いので注意しましょう。

カツオハリスは、10号~18号の全長2m~3m。カツオの大きさや状況によって使い分けますが、全長は3m以上は必要ありません。(2020年は小さめのカツオが多く、8号がよく釣れました。2019年は、デカカツオが多く18号以上を使うときもありました)

取り込み時にコマセカゴを桶に置いて、ハリスを手でたぐる際に、カツオの頭がちょうど海面から出るハリスの長さが2mです。(船の座席によって海面までの距離が若干違うので調整しましょう)。長すぎると、取り込み寸前の海面で、周りの人とマツって大変なことになります。

関連記事・・デカカツオバラシ7つの原因!仕掛けと取り込みがポイント【相模湾コマセ】

天秤は、マグロ用天秤。カツオも併用できます。オマツリした時にほどきやすいのは 固定テンビンです。そして、魚に負荷を与えてくれるので、固定テンビンが推奨されています。

コマセカゴは、80号~100号。船宿によって、サイズの指定がある場合があるので、確認してください。

4.その他の道具

コマセマグロ・カツオ釣りのロッドとリール、仕掛けを準備しましたが、実際に釣りに行くとその他の道具も重要になってきます。

キーパー

船宿に設置されている場合もあるので、船宿に確認しておくとよいでしょう。コマセマグロ・カツオ釣りは、キーパーが必ず必要なので、船宿に無い場合は自分のキーパーを購入する必要があります。負荷に耐えられるものを選びましょう。

指サック

ハリスをたぐるときに指が切れるのを防ぐために使います。これがないと確実に指を切ります。グローブでももちろん大丈夫です。

針が飲み込まれたときや口の針を外す時に使います。カツオは、釣り上げると船を叩く用に暴れるので、手で外すのは大変です。

船に乗る場合は、ライフジャケットの着用が義務付けられています。必ず着用しましょう。

マグロリングは、エラ呼吸をさせなくする効果があり、マグロを弱らせて、上げやすくするために使用します。

ロッドとキーパーをつなぎ落下防止するためのものです。やり取りが激しいので、これも必需品です。

オキアミの疑似餌です。カツオが爆釣している時は、手返しを早めるために、使っています。

クーラーボックスも必需品です。釣ったカツオは、キンキンに冷やした海水に入れましょう。海水の塩分濃度を保つために、ペットボトルに水を入れて凍らせたものや海水と同じ濃度にした氷を使用します。私は一回の釣行で15kgの氷を用意しています。ちなみに海水の塩分濃度は、3.0%と考えて450g使用しています。このサイズでカツオ20本は入ります。20kgのマグロは頭と尾を切って、胴体がギリギリ入る大きさです。マグロの場合は、細かく砕いた氷で冷やして持ち帰ります。

関連記事・・【カツオは血抜きと冷却】釣りカツオを新鮮に持ち帰る方法!3つのルール「相模湾」

クーラーボックスに関する記事は、キハダ・カツオ釣れたらどうする?最適なクーラーボックスの選び方をご覧ください。

一日中太陽を浴びるので、熱中症にならないように、多めの水分と日焼け止めは持参しましょう。麦わら帽子は、頭から首を太陽光から守ってくれるので夏には欠かせないアイテムです。

5.まとめ

相模湾のコマセカツオ・マグロ釣りは、一瞬のチャンスをものにできるかどうかにかかっています。その一瞬のために、タックル・仕掛け・道具の準備をしっかりとしておきましょう。

夏の風物詩となっている相模湾のコマセカツオ・マグロ釣りにぜひ挑戦して、大物をゲットしましょう。

コマセカツオの釣り方に関する詳細記事はこちら・・【コマセカツオ釣り方の基本】相模湾コマセカツオ釣り

コマセマグロの釣り方に関する詳細記事はこちら・・【コマセマグロ釣り方基本】相模湾コマセマグロ釣り方