タクシーアプリ「GO」で釣りに出かける!横浜新山下の船宿まで超便利

2022年1月25日釣り

都心部に住んでいると車を所有していない人も多いのではないでしょうか。理由は、一般生活の中では電車での移動で十分事足りること、そして車の所有には維持費(駐車場代など)がかかることです。

筆者もコストを考えて車を所有していないので、釣りの時はレンタカーです。ちなみに横浜市中区に住んでいます。

近場の横浜新山下から出船する場合は、タクシーで釣行に出かけています。

タクシーアプリ「GO」は、とても便利だったので解説していきたいと思います。

目次

  1. GOタクシーアプリとは
  2. タクシーで釣り具は大丈夫?
  3. 「GO」のメリット・デメリット
  4. まとめ

タクシーアプリ「GO」とは

タクシー乗車の予約ができるアプリ「GO」。テレビCMなどで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

このアプリは、呼びたい時に呼びたい場所にタクシーを手配できるサービスです。

流しのタクシーをつかまえることが少し困難な時間や場所などでとても便利なアプリで、使い方も簡単です。

タクシーで釣り具は大丈夫?

タクシーに乗車する際に心配なのが釣り道具です。

釣りものにもよりますが、タクシーのトランクに入る大きさと量なら基本的には大丈夫です。

具体的には、35Lのクーラーボックスと同程度のタックルボックスの2つが最大量です。それ以上の大きさや個数になると載らない可能性があります。

ロッドもトランクに入る長さか乗車席に収まる長さなら問題ありません。ツーピースロッドなどで1m以下になるロッドがベストです。

東京湾のライト釣りに出かけるなら、釣り具の量や大きさ的に大丈夫です。

東京湾ライトアジ釣りのロッドについては、横浜山下出船の東京湾超LTアジタックルおすすめNO1をご覧ください。

「GO」のメリット・デメリット

タクシーアプリ「GO」のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

タクシーアプリ「GO」は、場所を指定できます。

地図上で場所を指定出来るので、重い荷物がある時などは、移動せずにその場所にタクシーを呼ぶことができます。近くを走るタクシーも表示されていて面白いですね。

いつでもタクシーを呼ぶことが出来ます。場所にもよると思いますが、横浜だとどの時間帯でも1分〜5分で手配できます。

釣りに行く時間が早朝で、大通りでもタクシーはつかまらないことが多いので、このアプリを使うと本当に便利です。実際の経験では、早朝5時に手配して2分で到着しています。

心配な場合は、事前にAI予約をすることで、指定の時間に指定の場所にタクシーが手配できるようにアプリが起動してくれます。

お得なクーポンなども用意されているので、便利なだけでなくとてもお得に活用することができます。

他の業態とのコラボ企画もあり、今後も楽しみです。

JALマイルが貯まるキャンペーンなども実施されています。うまく活用すれば本当にお得になりますね。

デメリット

タクシーアプリ「GO」のデメリット。

唯一のデメリットは、迎車料金300円がかかるということです。その他の料金は、一般的な乗車と何も変わりませんが、その300円だけがデメリットと言えます。

ただし、アプリ上でも料金は発生しないので、この迎車料金は当然と言えば当然なのかもしれません。

まとめ

タクシーアプリ「GO」について紹介してきましたが、釣りに行くときには本当に便利です。

早朝のタクシーがつかまえにくい時や釣行後の荷物が重い時には本当に役立つサービスです。

驚くほど早く手配できるので、快適な釣りになること間違い無しです。

距離や時間にもよりますが、レンタカーよりも安く済むので、釣り場に行くのにそれほど遠くないけど歩くには厳しい方にはおすすめです。

横浜新山下から出船のライトアジ釣りに関する記事は、横浜山下のライトアジ釣りタックル!釣り方と仕掛け全てを徹底解説をご覧ください。

2022年1月25日釣りタクシーアプリGO 横浜新山下釣り

Posted by mitori